基礎工事(その1)!!!

(2018年10月24日)

おはようございます!齋藤です!

たまには仕事のお話をします。

今回は基礎工事(その1)です。

基礎工事(ベタ基礎)とは建物の支える箇所であり、

建物の自重を支え傾きや沈下を防ぐうえで最も重要な工事です。

まずは、建物の配置と高さを決めるのに「遣り方」を行います。

遣り方とは建物周辺を囲うように配置します。

そして次に「根切り(床付け)」を行います。

上の写真のように基礎の立ち上がりの部分を深く掘っていく作業です。

 

次に「地業(砕石敷き)」を行います。

重機を使って掘り下げたり平に均した地面の上に、

砕石と呼ばれる砕いた石を均等に敷き込みます。

 

次に「防湿シート」を敷き込みます。

この防湿シートを隙間なく敷き込み捨てコンクリートを打設することで、

床下の湿気・結露防止になります。

 

今回はここまで。

工事が進んだらUPします!