検査の立ち合い

(2018年11月08日)

スタッフの原島です。

先日基礎工事の鉄筋の検査の立ち合いに行ってきました。

以前の書き込みにも書いたかもしれませんがこの状態、機械的で大好きな光景です。

この建物は少し傾斜した土地に建築しています。ですので基礎の形状もちょっと複雑になっています。何がどう複雑なのかは説明しづらいですが写真を見てもらえばなんとなく複雑っぽい感じしませんか?

木造住宅の基礎としては破格の深さ!ですが・・・あまり伝わらないですよね・・・。

上の写真も開口部の補強なんですが・・・丈夫なんです!検査官も「最近では珍しい位の補強だね」なんて仰って頂きました!

最初の写真で写っていたパイプ。やはりその周りも改めて補強の鉄筋入れています。

建築する土地は千差万別。同じ建物を作ることはほぼ有りません。

その土地に、必要な建物を、確実な強度で、正確に、滞りなく、そして美しく!

社員、職人さん一丸となって作っています。