屋根と外壁の話し

(2018年10月25日)

スタッフの原島です。

今日は屋根と外壁のお話をちょっとだけ・・・

屋根です。

ここ最近はこの屋根。ガルバリウム鋼板葺きが多いですね。

見た目は昔のトタン屋根みたいですけど材料の革新に伴い軽い・強い・長持ちするという色々な材料の良いとこどりをしたようなこの材料が主流になっています。個人的には瓦屋根も好きなんですが・・・

当然長持ちして雨や雪、台風などから家を守ってくれるんですが何よりも軽い!ほかの材料に比べて圧倒的に軽いんです。という事は建物の一番上になる部分なので地震の揺れに対しても威力を発揮!してくれるんです。

屋根自体の滑りが良いので雪止めは忘れずに取り付けています。

次に壁。

上から撮った写真ですがサイディング(壁材)の後ろに隙間が有りますね。

決して施工ミスではないんです。通気層といって外壁の内側に空気層を設けることによって熱の伝わりや湿気の放出等色々なメリットが有ります。

壁の間を抜けた空気は屋根のすぐ下(軒下)から排出されます。

ほんの少し前から比べても建築の工法は日々変わっていきます。より良いものを目指して新しい技術も開発されています。

私たちも日々勉強して最適な工法を選びつつお客様に最良のご提案が出来るよう努力して行きます!

そしてこのブログでもいろんなお話が出来たら良いなと思います。

ではまた。